私たちは、世界の共通言語として「英語」を学んでいます。グローバル ビレッジという言葉に込められた意味は、言葉・人種・宗教・国境を越え、世界が一つの村になるということです。25年前、このグローバル ビレッジという言葉がまだ世の中にあまり知られていなかったとき、私たちはこの言葉を社名として選択しました。25年の時を経て、ここ数年で最も大きく変化してきたものの一つとして、世界共通通貨の暗号資産(仮想通貨)があげられます。大半の人が、「数年前から耳にしていたけれど、何のことかわからない」と言い、足を踏み入れている人はまだほんの一握りです。しかし、コロナ禍における非接触の支払い普及もあり、キャッシュレスが急成長をしています。先進国の中でも、また、世界的に見ても遅れをとってる日本は、躍起になって進めているプロジェクトです。そんな中、大手企業の参入が話題を呼び、ビットコインなどが急騰をしています。まさに、お金もボーダーレスの時代がやってきました。

 

  私たちグローバル ビレッジでは、IT機器事業部を立ち上げ、マイニングファームをスタートします。

 

 

 

ダウンロード
申込書ダウンロード
PERCIVAL MARK-1購入申込書.pdf
PDFファイル 390.0 KB